家庭学習、親ができるサポートは何ですか?

家庭学習のポイントはまさに「できる環境」と「習慣化」です。学校から帰ってきて自分で宿題に取りかかれる子供もいれば、疲れていたり、遊びに夢中になったり、なかなか宿題が進まない子供もいます。また、授業の内容が分からず宿題に取りかかれない子供もいます。

家庭学習は授業で習った学習の理解度を深めたり、分からない部分を後に残さないためにしっかり取り組みたいところ。小学校へ入学したら、宿題に取りかかれる「場所」と宿題をする「時間の確保」、そして、「勉強で分からない所がないか」を確認してあげ、学習がスムーズにできるようにサポートしてあげましょう。家庭学習の習慣化は小学校低学年のうちから整えることが大切です。

家庭学習のポイントはまさに「できる環境」と「習慣化」です。学校から帰ってきて自分で宿題に取りかかれる子供もいれば、疲れていたり、遊びに夢中になったり、なかなか宿題が進まない子供もいます。また、授業の内容が分からず宿題に取りかかれない子供もいます。

家庭学習は授業で習った学習の理解度を深めたり、分からない部分を後に残さないためにしっかり取り組みたいところ。小学校へ入学したら、宿題に取りかかれる「場所」と宿題をする「時間の確保」、そして、「勉強で分からない所がないか」を確認してあげ、学習がスムーズにできるようにサポートしてあげましょう。家庭学習の習慣化は小学校低学年のうちから整えることが大切です。

子供の勉強に対する「やる気」がありません。どうすればよいですか?

「うちの子どもは、勉強に対してやる気がない…」「何度言ってもゲームばかりしてる」。このような状態でつい、「勉強しなさい!困るのは自分だよ!」と強い口調で言ってしまったり、「子どもに何て言えばよいのかわからないから、何も言えない…」というお悩みをお持ちの親御さんが非常に多い。

 

 

まず大事なことは「子供はやる気を出せなくて当たり前」だということを大人が理解することです。大人になれば、いろいろな経験から「頑張り時」が分かります。それは、「いま頑張れば、どういう結果を得られるのか?」大人は人生経験上で想像できるからだと思います。

 

逆に子どもたちはどうでしょうか?「いまの頑張りがどういう結果に結びつくのか?」ほとんどのお子さんは、想像がつかないと思います。それは、これからの学校生活を通して「努力は実を結ぶ」とか「努力しても足りないことだってある…」ということを経験し学んでいくことだと思います。子供の人生経験をつむのがこれからだということです。

 

まずは「子供は先を想像できない、どうなるか分からないから頑張れない…」という状態なのを分かってあげてください。そして、自分のお子さんが分かりやすい言葉で、先が想像できる例え話をしてあげてください。勉強に対する「やる気」は、単に「勉強しなさい」では伝わりません。なぜ勉強が必要なのか?勉強することで将来どんなことにつながるのか?こういった話を親子で話せる環境を作り、コミュニケーションをとることから始めてみてください。

 

© 2020 All rights Reserved. 子ども学習応援サイトmomkata